キットと物流

テストキットは重要な結果を生み出す

業界をリードするキット

回収キットは、治験患者様の交代コストや増し加わる試験の複雑さを考えると、治験の遂行に不可欠です。コンテンツディテールへの関心、定時納入、使い勝手の良さが違いを生み出します。コーヴァンスは世界中のバイオ医薬品会社からの信頼を勝ち得て、毎年44 0万以上のキットを発送しています。これも治験担当医師が、コーヴァンスを他の競合他社に比べて3倍以上の頻度で「もっとも望ましい」セントラルラボに命名している理由です。 

実施要項と来院に合わせたキットが特注、生産され、各々の治験プロトコルの個々のニーズに応えています。

  •  毎日30,000 以上の自動化キットを99.995%の精度で生産できる能力

  • 数百におよぶ標準回収アイテムのカタログから選択が可能

*2019年 Life Science Strategy Group 治験実施施設アンケート

コーヴァンス セントラルラボキット

配達業者との揺るぎない関係

治験実施施設からサンプルを回収し、その各々に要求される安定基準を満たしながらラボに輸送するには、配達業者との特別な関係が必要とされます。コーヴァンスは依頼する配達業者を注意深く選択し、パフォ-マンスを監視しています。専任の物流チームが不測の事態への対応策を確立し、ローカル、地域、またグローバルレベルでの障害にもかかわらずサンプルを無事に輸送できるように努力しています。 

  • 特注の物流ソリューションが定時の、安定した輸送を可能にする助けとなっています。

    • 毎年96の国々に 220万個以上発送

    • 2019年、99.2% のキットが保存安定性期間内に到着

    • コロナウィルスのグローバル パンデミックの影響で、膨大な数のフライトが欠航し、国境が封鎖された苦難の月、2020年4月にも96.9% のキットが保存安定性期間内に到着。

  • 治験実施施設レベルの深い専門知識を持った50人のグローバル物流エキスパートによる、24時間体制のモニタリング