ワクチンおよび免疫学

免疫応答、専任のワクチンラボ、隣接ゲノミクス、そして微生物学の専門知識を理解する

ヒト免疫応答に関する洞察を生み出す

ヒト免疫応答の臨床状態を理解することは伝染疾患、オンコロジー、自己免疫疾患などの医薬品開発の基幹になるものです。コーヴァンスにおける免疫学は以下の点で他と異なっています。

  • 包含および排他の決定を左右する血清学的評価
  • 薬品投与の決定を支持する分析
  • 治療候補が患者様に与える影響に関する洞察を与える、ほぼリアルタイムの炎症性マーカーの理解
COVID-19の画像

自動分析機を含む最先端の機材、あるいは手動での難解アッセイは制御された環境で実行され、治験においての一次、二次、そして探査的エンドポイントをサポートします。熟練したラボサイエンスと規制基準を順守した計測は、最も困難な、または難解なバイオマーカーの試験を可能にし、免疫応答に深い理解を与えてくれます。

ワクチン、および新興免疫療法への包括的なサポート

ワクチンと免疫療法の開発は開発と市販化までのすべてのステージにて複雑なラボサイエンスの組み合わせを必要とします。医薬品開発専門分野のフルエコシステムは連続体全てにおいて規制要求事項と一致しており、その範囲はIn vitro薬理学、in vivo安全性評価と薬理学試験から、バイオ分析サービスやロットリリースのための分析CMC試験まで多岐に渡ります。専用のワクチンラボおよび共同設置のウィルス学、ゲノミクス、微生物学、また免疫学ラボにて豊富な経験を持つサイエンティストチームとのコラボレーションにより、ゲノミック、免疫学、微生物学および特定ワクチンを利用して、診断の確認、免疫応答の特徴化、他の病原菌の除外などを行い、長期的な免疫効果の理解が得られます。 

追加のワクチン開発支援はMonogram Biosciencesで受けられます。Monogram Biosciencesはラボコープにおける難解ラボ、また貴重なリサーチパートナーの専門グループで、ヒト免疫不全ウィルス(HIV)感染、C型肝炎ウィルス(HCV)感染、そしてオンコロジーの重要な医薬品開発プロジェクトに携わるバイオ医薬品パートナーやリサーチ協力者に臨床的、科学的、また物流的な支援を提供しています。さらにMonogram Biosciencesでは、抵抗特性データを取り揃えた広範囲のウィルスライブラリーを提供しています。