臨床サービス

患者様は多くの場合、服用する薬について質問をもっています。薬を飲み忘れたらどうなるか。副作用はどのようにして克服できるか。服用している他の薬と相互作用はないか。こうした疑問の答えが得られなければ、患者様は恐れや不安、懐疑心を抱き、最後は服薬のアドヒアランス放棄につながります。コーヴァンスの看護師は 1 日 24 時間、年中無休でこれらの質問に回答し、臨床サポートを提供し、患者様が治療の開始から終了まで、薬に関する決断を自信をもって行うための支援をしています。当社の看護師は患者様のケアに集中し、患者様と信頼関係を築いて治療における障害を取り除くよう努めています。  

  • 臨床教育:治療で期待できる効果、製品の服用、疾病に関する情報、薬の相互作用の可能性、一般的な副作用、副作用を克服するためのツールについて患者様の理解を助けます。詳細な情報を入手すると、患者様が治療の開始や継続を無理なく決断できるケースがよくあります。
  • 有害事象のトリアージ:有害事象に関する詳細を記録し、製造元で要求されるレポーティングプロセスにのっとってレポートします。
  • アドヒアランスに関するカウンセリング:トレーニングを受けた行動学の専門家が、高度なカウンセリング手法を使用し、患者様に共感をもって接することで、患者様の信頼を得ます。これによって、患者様の治療に対する姿勢が向上され、治療を継続する動機づけとなります。
  • 薬の服用に関するトレーニング:対面やバーチャルのトレーニングを通じて、患者様が自分で薬を服用するために必要な知識とツールを提供し、服用を開始して継続する可能性を高めます。
  • 事例の管理:患者様が他のサポートリソースにシームレスに紹介され、総合的な医療を体験できるようにします。
臨床サービス - コーヴァンス