安全性技術統合ソリューション

大きな障壁と革新のチャンスを秘めたテクノロジー

テクノロジーは絶えず医療のあり方を変え、新しい画期的な手法への先導役となりながら患者様と消費者の安全を守ってきました。テクノロジーによって業務コストの削減と情報の有意義な解釈が可能になり、組織はよりレベルの高い洞察と品質、効率を達成できるようになりました。IT は今や世界の市販後安全性監視の実践において戦略的基盤となっており、医薬品の安全性そのものを根本から変えようとしています。​​​​​​​

組織が直面する課題のなかで特に重大なものに、製品ライクサイクルのさまざまな側面の背景にあるサイエンスを IT のノウハウを使っていかに効率よく統合するかという問題があります。変わりゆく世界の規制状況を考慮し、これら2つの要素を盛り込んだ統合型の戦略の重要性を認識して実際に採用を考える企業は、製品ライフサイクル管理においてより大きな成功を遂げられるでしょう。 

IT アウトソーシングと科学的プロセスアウトソーシングを統合

安全性という領域に当社が得意とする技術的ソリューションとサービスとを組み合わせることで、コスト効率の良いグローバルモデルを提供することができます。そうしたモデルは最高水準のコンプライアンスと品質を確保し、変化に対応するための機敏性を確かなものにします。当社のソリューションを利用すると、医薬品の製品ライフサイクル全体にわたって革新と改善を続けていくうえで理想的な環境を作ることができます。

当社の安全性統合ソリューションは、ライフサイエンス企業が市販後安全性監視 IT 参照アーキテクチャを構築し、シグナル検出アプリケーションの導入や安全性分析のための企業ポータル立ち上げを支援します。​​​​​​​ 当社はまた、ビジネスインテリジェンス、分析、 照会、レポーティング、バリデーション、 規制コンプライアンスのためのソリューションも提供します。これによって、医薬品の製品ライフサイクル全体にわたって革新や継続的な改善が可能になり、企業は問題やビジネスのニーズに積極的に対応する能力を発揮しやすくなります。

当社の統合型技術アプローチ

当社では、安全性関連の技術に完全ライフサイクル型のアプローチをとっています。それは計画、導入、管理、分析といった範囲にわたり、お客様が安全性関連業務で洞察を活かし、製品の対象患者集団の医療的傾向が分かるようになっています。

テーブル-デザイン-最終-hlb2-550px