In vivo ファーマコロジー

コーヴァンスの統合された In vivo ファーマコロジーソリューションで、有効性に関する必要な回答をプロセスの初期段階で獲得しましょう。

有効性をオプティマイゼーション。

  • 治療に関する深い専門知識と、合わせて 400 年におよぶ経験を持つ科学者たち

  • 統合された安全性と有効性の機能で研究の価値を最大化

  • 幅広い治療領域にわたるモデル開発およびバリデーション

In vivo ファーマコロジーのプロジェクトで行われる In vivo 検査では、コーヴァンスの担当者が顕微鏡を使って作業しています。
お客様のニーズ

In vivo ファーマコロジーへの全体的アプローチ。

In vivo ファーマコロジーと毒性の関係のオプティマイゼーションを。当社は、プロジェクトにおいてこれら両方の分野に関する科学の専門家を集め、最短の時間で最適な化合物を提案します。これにより、医薬品開発の全過程を通じて長期的な成功のチャンスを最大限に高めます。

分子の有効性をできる限り迅速に証明。

当社のチームは体系的アプローチを用いて、薬剤候補を先の段階へと進め、疾病の標的を素早く発見・対応し、その標的を適切な方向に変化させます。そして最も重要なこととして、当社は、お客様の化合物がすでに認められている関連疾患モデルにおいて確実に機能するようサポートします。  

コーヴァンスのサービス

動物における有効性研究のデザイン、検証、および分析のパートナー。

当社の専門家と連携すれば、動物を用いて行う薬剤候補の有効性研究のデザイン、検証、実施、および分析をよりスムーズに行なうことができます。

薬理学モデル

  • 角膜血管新生 - ウサギ
  • 滲出型黄斑変性のサル、NHP におけるレーザー誘発脈絡膜新生血管(CNV : Laser-induced choroidal neovascularization)
  • 知覚訓練を受けた緑内障のサル、NHP におけるレーザー誘発高眼圧症
  • 正常眼圧動物における眼圧の薬理学 - ウサギ、イヌ、サル(カニクイザル)
  • テレメトリーを用いたウサギの眼圧測定
  • 緑内障濾過 - ウサギ
  • ウサギにおける化合物 48/80 誘発性アレルギー性結膜炎
  • ウサギにおける静脈内 LPS 誘発性急性ブドウ膜炎

In vitro モデル

  • 角膜および強膜の薬物透過のモデル - ヒト、イヌ、カニクイザル、ウサギ
  • ウシ角膜混濁および透過性(BCOP : Bovine Corneal Opacity and Permeability) -
  • ネコの虹彩の収縮
  • 眼の(合成でない)メラニンを用いたメラニン結合 - ウシおよび他の種
  • 薬物動態および分布 - イヌ、ミニブタ、マウス、サル(カニクイザル)、ラット、ウサギ  
    • 標識された化合物および標識されていない化合物の In vivo 研究 - イヌ、ミニブタ、マウス、サル(カニクイザル)ラット、ウサギ
    • 前眼部、後眼部、および眼付属器から採取した眼組織 - イヌ、ミニブタ、マウス、サル(カニクイザル)、ラット、ウサギ
    • 眼組織のオートラジオグラフィー - イヌ、サル(カニクイザル)、ウサギ、ラット