In vivo ファーマコロジー有効性モデル

生体における化合物の生物学的効果を研究する In vivo ファーマコロジーを活用すれば、対象とする疾病分野の治療にお客様の化合物がどれだけ有効か、その可能性を測ることができます。コーヴァンスは、オンコロジー、Immuno-Oncology、循環器、皮膚、呼吸器、免疫、線維症、腎臓などの各種疾患に関する数百ものリードオプティマイゼーション薬理学モデルとカスタマイズされた有効性モデルを用いて、医薬品のプロファイルを素早く総合的に理解できるようお客様をサポートします。

数百もの有効性モデルをデザイン、検証、分析

数百もの検証済みのリードオプティマイゼーションまたはカスタム有効性モデルが、お客様が扱う疾患の症状に応じた適切なプロファイルの特定に役立ちます。

コーヴァンスがサービスを提供する一般的な治療領域の例を以下にご紹介します: 

In vivo ファーマコロジーのプロジェクトで行われる In vivo 検査では、コーヴァンスの担当者が顕微鏡を使って作業しています。

In vivo ファーマコロジー有効性モデル

In vitro モデル

  • 不安神経症
  • 循環器
  • CNS
  • 経皮
  • 胃腸
  • 感染症
  • 角膜および強膜の薬物透過のモデル 
  • ウシ角膜混濁および透過性(BCOP : Bovine Corneal Opacity and Permeability) 
  • 眼の(合成でない)メラニンを用いたメラニン結合 
  • 薬物動態および分布

コーヴァンスの非臨床イメージングは大きな有用性をもたらしています。また、コーヴァンスは多くの治療領域において、最先端の薬物イメージングの応用に取り組んでいます。