非臨床イメージング

In vivo 画像化と予測データは、生体モデルの疾患の進行を継時的および定量的に測定して繰り返し評価できるようになるため、治療法の有効性と作用機序を見極めるのに役立ちます。画像化は​​、モデルの調達という点でも重要な役割を果たす可能性を備えており、反応のないものはいち早く除外して試験材を節約し、結果が出るまでの時間短縮を図ることができます。

コーヴァンスの非臨床イメージング装置の写真。

適応症イメージング

癌治療の適応症に関しては、薬理学的イメージングでは、腫瘍の成長 / 播種形成などの解剖学的測定に大きな焦点が当てられてきました。とはいえ、薬理学的イメージングが分子のメカニズムや分子力学について重要な情報を提供する特定のアプリケーションもあります。

In vivo 画像化は、生物製剤検査で体内分布を評価する際に非常に効果的なツールです。当社では、In vivo 画像化の有用性が癌の分野で進化し、成長し続けると信じており、既存の装備に加えて In vivo 画像化ツールを利用できることは薬理学研究にとって大きなプラスになると考えています。

In vivo 画像化はまた、循環器疾患、脳卒中、各種 CNS 障害など他の適応症でも役立ちます。コーヴァンスは、数多くの治療分野で薬理学イメージングの先進的な応用に取り組んでいます。

当社は 10 年以上にわたり、最適な薬理学研究を目指して、業界をリードするさまざまな In vivo 画像化モダリティを提供してきました。

1990年代に小動物の In vivo 画像化ツールが導入されたことで、前臨床の薬理学的知識が拡大する兆しが見え、解剖学、機能的動態、分子力学の理解に対する自信が高まって、よりトランスレーショナルな研究が行われるようになりました。研究と前臨床開発における In vivo 画像化の利用は、一般的に薬理学イメージングと呼ばれます。 

ひとつの試験であっても、当社では、組織構造や組成、あるいは機能から、お客様が必要とするものを得るためにさまざまなモダリティを使用します。 

関連サービス