病理学

病理学者は、体組織や体液のサンプルを使用して病気の原因や影響を探るプロセスにおいて、基盤的な役割を担っています。毒性病理学においては、こうした役割として、薬剤や化合物、装置、ワクチンなどの安全性評価が加わります。また病理学者は、リスクと効果の特定、特性化、管理も行います。 

ファイル

  • 解剖
  • 組織学
  • 組織病理学
  • 固定組織、凍結組織、パラフィンブロック、スライドの受領 
  • 病理学者による解釈、コンサルテーション、評価
  • 血液学
  • 臨床化学
  • 凝固
  • 尿検査
  • バイオマーカー(標準 & 研究用)
  • 顕微鏡検査(骨髄分析を含む)

解剖病理学と臨床病理学の違い

解剖病理学

  • ヒトや剖検された動物から採取したサンプルのの解析的評価
  • 組織検査
  • 非臨床試験(GLP および Non-GLP)- 臨床研究で再び実施されることのない唯一の評価
  • 一つのエンドポイント

臨床病理学

  • ヒトおよび動物由来の生体サンプルの解析的評価
  • 液体検査 
  • 非臨床研究または臨床研究(詳細は臨床検査サービスをご覧ください)
  • 研究中に複数の採取が可能(種による)

治験における病理学関連サービスの一部をご紹介します: 

化学療法で髪を失った笑顔の子供


詳細はお問い合わせください