病理学者は、体組織や体液のサンプルを使用して病気の原因や影響を探るプロセスにおいて、基盤的な役割を担っています。毒性病理学においては、こうした役割として、薬剤や化合物、装置、ワクチンなどの安全性評価が加わります。また病理学者は、リスクと効果の特定、特性化、管理も行います。

解剖病理学と臨床病理学の違い

解剖病理学

  • ヒトや剖検された動物から採取したサンプルのの解析的評価
  • 組織検査
  • 非臨床試験(GLP および Non-GLP)- 臨床研究で再び実施されることのない唯一の評価
  • 一つのエンドポイント

臨床病理学

  • ヒトおよび動物由来の生体サンプルの解析的評価
  • 液体検査
  • 非臨床研究または臨床研究(詳細は臨床検査サービスをご覧ください)
  • 研究中に複数の採取が可能(種による)
治験に活用できる病理学サービスをお探しですか?
患者様のリクルートは、治験における最大の課題です。一般的な患者様の識別や参加から、スクリーニングの成功率向上や登録後の患者様の脱落防止まで、医薬品の開発者は治験を開始するまでに多くの難題に直面します。

こちらから、カタログにあるすべての病理サービスをご覧いただけます。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ