特殊病理

新規治療法開発において、組織病理学は今や主要エンドポイントとなるまでに進化しました。当社では、専任のサイエンティストからなる世界トップレベルの特殊病理チームが、医薬品開発サービスを幅広く提供しています。その対象分野は、免疫組織化学、in situ ハイブリダイゼーション、電子顕微鏡検査、デジタル画像化 / 分析などで、いずれも最先端のテクノロジーと機器を駆使しています。 その作業のすべてが、業界最高の医薬品安全性試験実施基準 GLP のコンプライアンスを満たしています。

ファイル
ファイル
ファイル
ファイル

組織切片のタンパク質の発現状況を発色法または蛍光法で調べます。数百あまりのバリデーション済みの手法から選ぶか、当社の開発のノウハウを活用していただくことも可能です。マルチプレックス方式では、ソフトウェアを用いて、ひとつの切片に含まれる複数のタンパク質を分析し、デジタル化して評価することができます。 免疫組織化学法の詳細はこちら

染色した組織切片が小さすぎて光学顕微鏡で確認できない場合、最新機器と自動化技術を使用して、高解像度画像で超微細構造を詳しく調べます。 透過型電子顕微鏡検査の詳細はこちら 

免疫組織化学法を用いて、正常組織パネル内のモノクローナル抗体医薬の、標的でない組織の結合状況を調べます。この検査は、想定外の副作用を治験に先立って予測する際に役立ちます。

再現可能な自動化技術を使用して組織切片の核酸を調べます。バリデーション済みの手法から選ぶか、当社のノウハウを活用して新しい手法を開発することも可能です。​​​​​​​ マルチプレックス方式では、ひとつの切片でタンパク質と核酸を同時に評価することができます。

高品質の研究モデルとヒト組織、異種移植片、細胞株のバンクをアッセイ開発で、あるいはナイーブ組織または特殊な組織が必要な際に対照群としてご利用いただけます。 

顕微鏡用スライドグラス上にある染色した組織切片をデジタル化します。この作業により、電子通信やアーカイブ作成ができるほか、病理学者や研究者、あるいはソフトウェアによる詳細な分析が可能になります。

コーヴァンスの前臨床特殊病理学サービス

コーヴァンス以外の施設で行われた動物実験のサンプルを使用し、組織学または特殊分野のサービスを提供します。病理学者による解釈は任意です。また、一部の特殊病理施設ではヒト組織の解析も行います。

免疫組織化学は、治験に参加されている患者様の組織切片内に含まれるタンパク質を調べるための重要な手法で、癌などの疾患の予後や治療の予測につながることがあります。