免疫組織化学 (IHC)

免疫組織化学(IHC)の技術は絶えず進化しています。このことは、高機能化が進む自動染色プラットフォームの進化や、幅広い種の特殊抗体の生産、さまざまな新しいバイオマーカーの市販化などからも明らかです。

IHC 研究は、増殖 / アポトーシス研究、Immuno-Oncology、眼組織、腫瘍プロファイリング、組織交差反応性など多様な用途に使用されるヒトや動物の組織において、特定の標的の発現 / プロファイリングの染色プロトコルを最適化します。

一般的な IHC の用途

  • 免疫細胞の特性化
  • 腫瘍細胞と免疫細胞の関係性の評価
  • 標準的な H&E では検出されない細胞の可視化(ミクログリアなど)  
  • 細胞増殖の検出と測定
  • 薬剤の効果がありそうな患者様の特定
  • 抗体医薬の標的結合と標的外結合の評価
  • 組織サンプルにおけるタンパク質の特定位置の判定(in situ プロテオミクス)
  • 動物モデルに異種移植されたヒト幹細胞の動態研究を目的とした追跡
  • 薬物代謝の研究(例:インスリンおよびグルカゴン)
  • 緑色蛍光タンパク質(GFP)などのレポーター遺伝子製品の可視化
  • 毒性病理学会(STP : Society of Toxicologic Pathology)などのガイダンスの遵守

GLP IHC の機能

  • 抗原回復の機能を持つ自動 IHC 染色:
    • Leica BOND RX
    • Ventana Discovery XT
    • Ventana Discovery Ultra
    • Ventana Benchmark Ultra
  • Thermo Scientific Shandon Sequenza を用いた高スループットの手動メソッド
  • 組織交差反応性研究
  • IHC による免疫表現型検査
  • 多重化 - デュアル IHC/ISH を含む
  • 最適に処理された複数種の組織バンク
  • 1988年以来の経験
  • 数百種類の手法をこれまでに開発
  • 新しい試験法の開発に役立つ科学的および技術的専門知識

ヒト NSCLC アデノ CD3CD68CK 三重染色
ヒト NSCLC CD3 CD68 CK
マウス脾臓の CD8
マウス脾臓の CD8
ラット脳の GFAP
ラット脳の GFAP
ラット膵臓 - クロモグラニン A
ラット膵臓 - クロモグラニン A

  • 数百種類の標準 / 特殊(またはカスタマイズ可能な)アッセイ
  • 多重染色法(発色および蛍光) 
  • 最適に処理された大量のパラフィン包埋組織および凍結組織を保有
  • 電子データに関する規制コンプライアンス検証済みの主な自動 IHC プラットフォームを使用(SEND を参照)
  • アジア、ヨーロッパ、北米の各拠点で標準業務手順書を使用