内分泌攪乱物質

化学試験

内分泌攪乱物質(ED)は、生物の発達、生殖などさまざまな機能に悪影響を及ぼす恐れがあります。また、個々の動物だけでなく、集団や生態系にも影響します。世界の規制当局は当然このことを懸念しており、ED の可能性を示すいかなる安全性シグナルも徹底的に調査しています。

ED の規制の枠組みは、化学品よりもむしろ植物保護製品で広く確立されています。さまざまな規制機関は、段階は異なるものの ED 試験のアプローチ導入を進めています。EU では先進的な ED 試験の枠組みが採用されているため、他の規制機関が多数それに追随しています。​​ 

ED_画像
  • 内分泌攪乱物質試験における長年の実績 - それを支える ED 試験と規制科学における専門知識。 
  • 世界の ED アッセイの普及 / バリデーションのパイオニア。

お客様のニーズ:

能力の構築を主眼とするパートナー、さらに科学と規制の両面で常に先を行く力。これらを得ることで、現在と将来のニーズへの対応が可能になります。


コーヴァンスのサービス

当社はお客様のパートナーとして、化学品の ED 試験における複雑で曖昧な科学、技術、規制のハードルを乗り越えていきます。