生態毒性学

化学試験

生態系は複雑な相関関係を持つ環境です。このため、一つの化学物質でも、その潜在的な生態毒性を特定するのは容易なことではありません。生態毒性試験で確かな結果を出すためには、他の化学物質に関する経験とあらゆる環境安全性評価、それぞれに基づく洞察を組み合わせた科学的アプローチが必要です。コーヴァンスの科学と規制に関する専門知識を取り入れて、生態毒性評価への投資効率を最適化する段階的な試験計画を作成しましょう。コーヴァンスは、お客様の化学物質の環境安全性を証明する確かな生態毒性データを規制当局に提出できるよう、その作成のお手伝いをいたします。

淡水植物(マツモ)のクローズアップ画像。
  • 生態毒性学​​​​​​​専任チーム - 年間約 170 件の陸生生態毒性試験と 180 件の水生生態毒性試験を実施しています。
  • コーヴァンスの専用施設を利用 - 水生生物または陸生生物の生態毒性に関するニーズに対応します。
  • 専門分野のサイエンティスト - あらゆる種類の生態毒性試験から国際的なガイドラインまで、そのデザインと実施に関して豊富な経験を持ち、品質、効率、費用対効果を改善する質の高いサービスを提供します。

お客様のニーズ

環境安全性を支える、生態毒性研究による信頼性の高いエビデンス

規制機関、顧客、消費者に対し、お客様の化学物質が環境安全性について必要な基準を満たしていることを示すことで、安心感を与えることができます。水生生物、鳥類、陸生生物に対する化学物質の安全性を実証する上で必要となるのは、幅広い専門知識を持ち、国際基準に従って質の高い生態毒性研究を行うことのできる、信頼できるパートナーです。世界の規制基準は常に変化し、進化しています。このため、パートナーとなる企業は、関連する世界的な規制の最新情報を把握していなければなりません。


コーヴァンスのサービス

データに基づいた洞察、専任のチーム、規制に関する専門知識を提供します 

生態毒性に関する専門家のチームが、生態毒性の規制要件を満たす最適な研究プログラムについてアドバイスを提供します。コーヴァンスでは、お客様の要件に応じてお客様を中心としたチームを構築し、ご希望に沿った方法でともに作業を進めることが大切だと考えています。研究プログラム全体を通してサポートを提供する場合でも、特定の試験を行う場合でも、コーヴァンスは常にお客様の声に耳を傾け、ご要望にお応えします。

コーヴァンスの提供サービスの詳細はこちら: