陸生生態毒性学

化学試験

陸生環境に対する化学物質の影響を評価するのは複雑な作業です。その理由の一つは、陸生生物の多様性にあります。土の中や上には、植物、無脊椎動物、脊椎動物など、実に多様な陸生生物が生息しているからです。陸生生態毒性学の難しさもこの多様性に起因しています。陸生生態毒性学では、生態系におけるつながりをより広範囲に理解し、一つ一つの化学物質の影響をすべて関連付けて全体像を把握しなければなりません。コーヴァンスはこうした背景をふまえ、試験のデザインについてお客様にアドバイスを提供するとともに、陸生生態毒性のエンドポイントを満たすために必要な試験を実施します。

陸生-ページ用-画像
  • 豊富な経験に基づいて、低段階および高段階の陸生生態毒性試験をデザインし、実施します。 
  • 一定の環境を保った実験室、屋外の屋根付きスペース、温室など、生物種ごとに専用の設備を用意しています。​​​​​​​
  • コーヴァンスのチームは、非標的植物、非標的節足動物、ハチ、ミミズの陸生生態毒性のあらゆる側面に精通した専門家で構成されており、幅広い専門分野に対応しています。

 

お客様のニーズ

世界の規制機関が要求するさまざまな陸生生態毒性のエンドポイント

世界の規制機関は、化学物質が植物、土壌微生物、無脊椎動物(ミミズなど)に及ぼす潜在的な危険性を実証する方法として、陸生生態毒性のエンドポイントを要求しています。このため、規制機関に提出できるよう、国際基準に従って確かな証拠を示す書類を作成する必要があります。 


コーヴァンスのサービス

コーヴァンスの専門家チーム - 高品質のデータを提供する理想的なパートナー

コーヴァンスは、幅広い分野の専門知識を活かして専任チームを構成し、お客様に適したソリューションを提案します。そして試験責任者や生態毒性学のエキスパート、分析化学者らが連携し、お客様に必要な試験をデザインし、実施します。試験は、広く採用されている国際基準と、お客様固有の規制要件とに従って行われます。

 

進化し続ける科学と規制のニーズに対応する総合的な設備

コーヴァンスの施設では、特定の動植物専用の一定環境を数種類用意しています:

  • 節足動物、ハチ
  • ミミズ
  • 植物 
  • 生物学的効果
  • ハチの幼虫 
  • 屋外の囲い(屋根付き)
  • 温室

ミツバチ研究の能力を拡大するため、2020年春に、本格的な研究ができる養蜂場をハンティンドンに開設しました。

 

お客様のニーズに対応するコーヴァンスの陸生生態毒性評価サービス

コーヴァンスは、国内で広く行われている、以下をはじめとする各種陸生生態毒性試験について、ガイドライン作成の豊富な経験があります:

  • OECD 207:ミミズ、急性毒性試験
  • OECD 208:陸生植物試験:発芽および実生成長試験
  • OECD 216:土壌微生物:窒素無機化試験
  • OECD 217:土壌微生物:炭素無機化試験
  • OECD 222:ミミズ繁殖試験(シマミミズ / アンドレツリミミズ)