物理化学

化学試験

製品化学は化学物質と製品の成功の要です。化学物質の試験の要件や規制対応の方向性は、物質の物理化学的特性によって決まります。コーヴァンスは、お客様による化学化合物の安定性の特性化および評価を数十年にわたり支援してきました。標準的な物質の一般的試験であっても、分析が難しい物質を用いた新規試験であっても、当社の科学的専門知識とソリューション重視のアプローチが成果をもたらします。 

ファイル
  • 幅広いサービスと充実した施設、そして英国 2 か所に常駐する多分野を専門とするスタッフが、お客様のニーズに合わせて柔軟に対応。
  • 年間約 2,000 件の製品化学試験を実施
  • 標準および非標準的な化学物質の特性化を知り尽くした専任のサイエンティスト
  • 所定の有害性評価をすべて盛り込んだ各種物理化学的試験

お客様のニーズ

独自の情報ニーズに合わせた製品化学分析のカスタマイズの重要性

化学物質の物理化学的特性を見極めることは、いわば製品開発とマーケティングのスタート地点です。  要件に応じて、分析の結果でその後の試験内容が決まったり、規制対応の方向性が定まることもあります。化学物質の安全性に関する情報や、世界のさまざまな規制当局に応じた特定のエンドポイントが必要な場合もあるでしょう。そのそれぞれが、製品化学上の異なる焦点を決定することにもなります。

また、常に変化する規制要件を把握することも必要です。ヨーロッパでは、REACH のもとで登録された物質については、ドシエを定期的に更新しなければならず、追加のエンドポイントが必要になる場合もあります。たとえば、最近の EU のナノフォーム規制では、粒子の特性化についてさらなる情報が求められています。

一般的な製品化学アプローチが適さない化学物質について

化学物質のほどんどは、一般的な試験で物理化学的情報を得ることができますが、扱いの困難な一部の物質には固有のアプローチが必要です。たとえば、溶解性の乏しいものや複雑な混合物、ポリマーはすべて、それらに特化したカスタマイズ型のアプローチが必要になります。​​​​​​​​​​​​​​

 




コーヴァンスのサービス

キャパシティに優れたサービス & 標準的な物質と扱いの難しい物質を幅広く扱ってきた経験

コーヴァンスとパートナーシップを組むことで、充実した施設や分析機器を化学物質のニーズに合わせて導入していただけます。コーヴァンスは、標準的な化学物質の取り扱いに関する広範な専門知識を持ち合わせているだけでなく、水溶性の低い物質や高発揮性の物質、複雑な混合物、無機性のサンプルなど扱いの難しい被験体の特性化試験において実績があります。当社では EU の要件に合わせてナノフォームの特性化サービスを新しく加えるなど、規制や科学の進展とともに常にサービスを進化させています。

特性化試験は、バッチ分析、スペクトル解析、認定、一般的な生理化学的特性の評価、有害性評価、保存安定性評価にご利用いただけます。ECHA、EPA、OECD、農林水産省といった世界の規制当局や、ブラジル、中国など新興市場の規制要件に関する当社の見識が、最善のアドバイスをお約束します。

質の高い標準生理化学的試験

当社が提供する標準的な物理化学的試験には次のようなものがあります。

  • 融点 / 融解範囲
  • 沸点 / 沸点範囲
  • 相対密度
  • 表面張力
  • 水溶性
  • 蒸気圧
  • 分配係数
  • 吸着係数
  • 非生物分解、加水分解(pH)
  • 粒度分布

化学物質の有害性の特性化

危険な化学物質や有害性を持つ化学物質には、特別な施設とノウハウが必要です。当社では、次のような試験をサポートしています。

  • 可燃性(固体)
  • 可燃性(水との接触時)
  • 可燃性(自然発火)
  • 引火点
  • 爆発性
  • 自然発火点(液体 / 気体)
  • 相対自然発火点(固体)
  • 酸化性(固体 / 気体)
  • EU の指定手法や UN / CLP 試験の要件を満たすようデザインした試験

幅広い分析のノウハウ

当社には、さまざまな分析機器を完備した充実した施設があります。当社が取り扱っていない試験については、定評のあるサプライヤーに委託いたします。

  • HPLC(UV、FLD、RI、MS、ELS、DAD)
  • GC(FID、NPD、ECD、FPD、MS)
  • IR
  • UV / Vis
  • 分子量分布
  • 自動滴定
  • イオンクロマトグラフィー
  • ICP-MS
  • NMR