その他の国の化学物質規制

化学試験

ほとんどの国が動物や人の環境および健康を守るため、化学物質の製造、輸入、使用を規制しています。具体的な規制の枠組みは法域によって異なり、その多くが欧州の REACH に基づいています。

コーヴァンスはこれまで、化学物質の規制法が施行されているあらゆる場面で、お客様を積極的にサポートし、化学物質の規制対応に取り組んできました。 

地球-42996833
  • 国内の規制担当サイエンティストのグローバルネットワーク 
  • 全世界の化学物質規制機関を相手にした幅広い申請の経験
  • 規制をあらゆる面から考慮し、それぞれの規制機関に合わせた戦略的対応でコアデータ文書の価値と使用の幅を最大化

 

お客様のニーズ

世界の各規制に固有のニーズを理解

世界の化学物質規制は、エンドポイントとデータの要件は似ていますが、それぞれに微妙な違いもあります。たとえば、In vitro データの代用として QSAR が認められない法域もあります。中国をはじめ一部の法域では、地域の生物について現地で環境研究を実施するよう主張しています。そのため、ある法域で用いた方法を他の法域で利用して化学物質を登録しようとすると難かしいことがあります。

また、化学と規制の両面を満たすアプローチも検討しなければなりません。たとえば、事前供給かどうか、危害とリスクのどちらの評価を基準とするか、規制物質の対象範囲(ポリマー、モノマーなど)についても考慮が必要です。

 


コーヴァンスのサービス

グローバルな規制申請を戦略的にサポート 

当社では、規制担当サイエンティストらが、全世界から得られる知見を活かしてお客様の化学物質の申請を戦略的にサポートします。戦略的なアプローチにより、再試験の回数が最小限に抑えられるほか、コアデータの利用を最大限に高めて市販化までの時間を短縮することができます。 

世界の化学物質規制機関を相手にコスト効率よくタイムリーに申請を行ってきた実績

現地の言語に長け、規制に関する深い知識を持った現場の規制担当サイエンティストのネットワークが、対象を絞ったアプローチをお約束します。全世界への通知から地域内での申請まで、当社は次のような国をはじめ世界の多くの法域で申請業務に取り組んできました。

  • Australia
  • カナダ(カナダ環境保護法 - CEPA)- オンタリオ州を含む
  • 中国(生態環境部令、第 7 号)
  • 日本(化学物質審査規制法)
  • ニュージーランド