人体への安全性

化学試験

生活水準の向上に伴う世界的な消費者需要の高まりにより、人への毒性に関する新たな懸念が浮上しています。難分解性、生体蓄積性、毒性が高いとされるマイクロプラスチックや他の物質が増え、そのため化学薬品の安全性監視が強化されています。

コーヴァンスは、毒性評価に関してこれまで長い間、際立った実績を挙げてきました。50 年以上にわたり、In silico 評価の QSAR モデリングや複雑な多世代 In vivo DART 研究など、年間約 1,500 件の毒性学研究を実施しています。コーヴァンスとパートナーシップを組むことで、お客様はこうして蓄積された当社の洞察、知識、見識を業務に活かしていただけます。市場をリードする吸入剤および点滴関連サービスをはじめ、最先端のインフラストラクチャにより、人への毒性に関する正確かつ確実なデータをお届けします。

ファイル

コーヴァンスは、豊富な経験を持つお客様のパートナーとして、人体への安全性評価を確実に行うために必要な専門知識とサポートを提供します。研究プログラム全体の設計から、一件の安全性評価の実施まで、お客様のニーズに合わせて対応いたします。コーヴァンスが提供する毒性評価関連サービスについては以下をご覧ください:

認証評価:

  • 国際実験動物ケア評価認証協会(AAALAC International : The Association for Assessment and Accreditation of Laboratory Animal Care International)