遺伝毒性学

化学試験

日常的に使用される化学物質の発癌リスクについて、消費者の懸念が高まっています。新たな潜在的遺伝毒性のリスクが毎日のようにニュースを賑わせる現在、これは驚きに値しません。コーヴァンスは、お客様の化学物質の遺伝毒性を特性化することが、規制当局の要件を満たして消費者に安心をもたらし、市場での成長を支えるためにいかに重要であるか理解しています。​​​​​​​​​​​​​​  

DNA 背景画像

化合物の遺伝毒性を確実に特性化

  • 遺伝毒性試験プログラムの最適化を考えて編成された戦略的な科学および規制担当チーム
  • 概念からデータ報告、規制書類提出まで、遺伝毒性試験のあらゆる業務を管理
  • 高い動物倫理規定で毎回の試験結果の確実性と信頼性を保証
  • 年間の試験実施件数  - In vitro 遺伝毒性試験 1,000 件以上、In vivo 遺伝毒性試験 120 件以上

 

お客様のニーズ

遺伝毒性試験の最適な計画を問題なく立てるには

化学物質は、その生理化学が引き起こす潜在的毒性によってそれぞれ異なります。生理化学と遺伝毒性の関係を理解することは、化合物に適した遺伝毒性試験法を見極めるうえで必要不可欠です。両者の関係によって、試験法と試験デザインが定まり、規制対応を左右します。遺伝毒性に関する確かな情報を短期間でコスト効率よく得るためには、規制要件を理解し、適切なアッセイを導入して、ベストな方法で実施しなければなりません。


コーヴァンスのサービス

貴社とその化学物質、規制当局まで考慮した最適な試験プログラムをデザイン

ニーズは何であれ、コーヴァンスではお客様に合った遺伝毒性学ソリューションをご用意します。効率的なプログラムのデザインでも、ひとつのアッセイの実施でも、当社にお任せください。遺伝毒性試験のデザインと実施に幅広く携わってきたサイエンティストの専任チームを、お客様のニーズに合わせて編成いたします。​​​​​​​​​​​​​​ 当社では、科学的見識と規制に関する洞察を組み合わせた統合型のアプローチによって、お客様のニーズを明確に評価し、それらにお応えします。 

最高水準の遺伝毒性試験を実施

当社では、さまざまな In vitro / In vivo の遺伝毒性アッセイをご用意しています。

In vitro アッセイ:

  • OECD 471:細菌復帰突然変異試験(エームス試験) 
  • OECD 473:In vitro 哺乳類染色体異常試験 
  • OECD 487:In vitro 小核試験(ヒトリンパ球、L5178Y 細胞、TK6 細胞、CHO 細胞、V79 細胞) 
  • OECD 490:In vitro 哺乳類細胞遺伝子突然変異試験 MLA(L5178Y 細胞) 
  • OECD 476:In vitro 哺乳類細胞遺伝子突然変異試験 - HPRT (L5178Y 細胞、CHO 細胞、V79 細胞) 

In vivo アッセイ:

  • OECD 474:げっ歯類骨髄小核試験 
  • OECD 489:げっ歯類コメットアッセイ 
  • 染色体異常試験(OECD 475)
  • 遺伝子組み換えげっ歯類アッセイ(MutamouseTM)(OECD 488)
  • Pig-a In vivo 遺伝子突然変異アッセイ