In silico

化学試験

In silico 評価は、最新の計算モデリングを使用して、化学物質の潜在毒性を素早く予測します。動物実験の必要はありません。計算パワーが上がり、科学的知見や化学物質に関する情報が増えるにつれて、In silico 技術は向上しています。コーヴァンスと提携することで、お客様は in silico 予測における専門知識を利用できるようになります。これらの予測は、化学物質の安全性問題に回答したり、In vitro 研究プログラムのデザインに関する情報を提供したりするうえで極めて重要です。 

103305_青い分子の描写1

規制エンドポイントを効果的に満たす信頼の in silico 予測 

  • 実験データがほとんどない場合や全くない場合、化学物質の毒性を試験を行うことなくどのように予測するのですか?
  • 幅広い計算モデリングツールを採用。専門の規定および統計に基づくアプローチを利用しているため、最適な効果を得られます。 
  • In silico 予測はお客様の化学物質の試験アプローチに幅広く組み込まれているため、研究費をオプティマイゼーションし、規制当局に対して説得力のある根拠を提示できます。

 

お客様のニーズ

実験データがほとんどない場合や全くない場合、化学物質の毒性を試験を行うことなくどのように予測するのですか?

予算や規制のタイムラインが厳しい場合は、In vitro 試験も In vivo 試験も避けなければならないことがあります。リードアクロス(類推)法と組み合わせた、計算モデリングに基づく In silico 予測なら、規制当局に対して証拠の重み付けをした根拠を確立することが可能です。しかしながら、モデルを実行し、WOE アプローチの一部として予測を解釈するには、高レベルな経験、スキル、そして規制に関する洞察が必要です。

どのように毒性試験の費用をオプティマイゼーションおよび標的化するのですか?

毒性試験の予算をオプティマイゼーションするには、戦略的な研究の計画を立てる必要があります。In silico のアプローチはお客様の研究プログラムと試験にとって最適な戦略を提供し、無駄なコストと時間をかけることなく、信頼できる結果を導きます。

 


コーヴァンスのサービス

コーヴァンスは、計算生物学、統計学、化学、そして毒性学における専門知識を組み合わせて、お客様の化学物質のために説得力のある in silico 毒性予測を作成します。

有意義な in silico 予測は、QSAR モデルの裏にある、化学、毒性学、統計的の基礎を理解している人にしか実現できません。コーヴァンスと連携することで、お客様は QSAR およびリードアクロス法における豊富な経験と、高いレベルの規制に関する洞察をもつ専門家チームの意見を聞くことができます。 計算生物学者、統計学者、科学者、毒性学者からなる当社の多様なチームが、お客様のニーズに合わせて柔軟に対応します。

最高のアプローチを採用し、予測クオリティと確実性をオプティマイゼーション

信頼できる予測を得られるよう一連の QSAR モデリングツールを採用し、お客様の化学物質に必要なあらゆるエンドポイントに対応。エンドポイント予測の確実性を高めるには、専門の規定に基づくシステムと統計に基づくモデルの両方が必要になるかもしれません。 

 

使用される QSAR モデルの例:

  • 拡張可能な Biovia Discovery Studio(TOPKAT)
  • OECD QSAR Toolbox
  • ACD/Percepta
  • DEREK Nexus 
  • VEGA NIC 
  • 米国 EPA T.E.S.T.  
  • 米国 EPA EPI Suite 
  • ToxRead
  • ToxTree