In vitro 代替試験方法

化学試験

今、動物実験が別の手法に置き換えられたり、その運用が改善されたりするなど動物の使用が減少しており、 In vitro 試験を用いて化学物質の安全性評価を行うことがますます重要になってきています。こうした現状のなかで革新のリードをサポートしているのがコーヴァンス。当社と提携すれば、当社の誇る標準技術と新しいソリューションの豊富な経験を活かしていただけます。当社の目標は、お客様の規制ニーズに対応し、物質に特有の性質に合わせたアプローチを提供することです。

In vitro

質の高い In vitro 安全性評価の提供における専門知識

  • 世界的に認められる In vitro 安全性評価の包括的なサービスを設計・実行してきた 20 年にわたる専門知識
  • In vitro 研究デザインと技術のイノベーター:研究の信頼性を高め、成果を改善
  • お客様の化学物質が規制要件をスムーズにクリアできるよう世界中の規制環境から集められた洞察 

お客様のニーズ

In vitro 安全性評価

化学物質が人の安全に及ぼす潜在的な影響を調べるにあたっては、様々な In vitro 試験を用いることができます。規制に関する問いに答え、変わりゆく評価項目に対応するうえで In silico / In vitro 試験の拡大・活用が重視されつつあることを考えると、必要なのは、In vitro 安全性評価の手法について、そしてその世界の規制要件への適合性について洞察と専門知識を持ち合わせたパートナーです。


コーヴァンスのサービス

コーヴァンスは In vitro 安全性評価の革新の最前線に立っています 

コーヴァンスはこれまで、多くの In vitro 技術の検証に携わってきました。スタッフは、In vitro 毒性学会(IVTS: In Vitro Toxicology Society)、In vitro 試験業界プラットフォーム(IVTIP: In Vitro Testing Industrial Platform)、ヨーロッパ In vitro 毒性学会(ESTIV:  European Society of Toxicology In Vitro)などの様々な専門家団体のメンバーを務め、イノベーションの最先端で活躍しています。

これにより、当社は In vitro の方法論や革新の最前線に立ち、パートナーのお客様に役立つ見識を生み出します。

In vitro 試験を成功に導く専門家チームとの連携

コーヴァンスの In vitro 試験チームは様々な経歴を持つ専門家で構成され、それぞれが In vitro 試験の計画と実行における豊富な経験を持っています。チームには、毒物学者、生物学者、分析化学者、環境科学者が含まれます。チームが協力し合うことで、研究計画を柔軟に変更したり、最適化したりすることができます。

コーヴァンスの豊富な In vitro 試験サービスを活用して、お客様の化学物質の安全性プロフィールを確実なものに 

コーヴァンスは、以下のような In vitro 毒性研究を年間 400 件近く手がけています:

光毒症

Balb/c 3T3

OECD 432

細胞毒性

Balb/c; L929; MRC5

ISO/ICCVAM/HC

皮膚腐食性

3D モデル

OECD 431

Corrositex®

OECD 435

皮膚刺激性

3D モデル

OECD 439

眼刺激性

BCOP

OECD 437

単離ニワトリ眼球試験(オプションの組織病理試験もあり)

OECD 438

EpiOcular™

OECD 492

皮膚感作*

直接ペプチド反応性アッセイ (DPRA)

OECD 442C

KeratinoSens™ アッセイ

OECD 442D

ヒト細胞株活性化試験(hCLAT)

OECD 442E

内分泌かく乱

エストロゲン受容体アゴニスト/アンタゴニスト

OECD 455

H295R ステロイド産生アッセイ

OECD 456

BG1Luc エストロゲン受容体

OECD 458

ヒト組み換えエストロゲン受容体 (hrER)

OECD 493

*In vivo 皮膚感作(OECD 429)- 正当な理由がある場合に実施