吸入毒性

化学試験

偶発的な吸入による有害物質への暴露は、作業員の安全性や人体の健康を危険に晒す恐れがあります。そのような暴露は深刻な危険をもたらしたり、それらの毒性物質の長期的な影響につながることがあり、特に呼吸器系への影響が懸念されます。また、発達や生殖機能に影響することもあります。

コーヴァンスでは、標準的な試験から革新的アプローチと独自の供給装置を必要とする試験まで、広範な安全性評価の吸入毒性評価関連サービスを提供しています。

吸引_毒性

吸入毒性学におけるコーヴァンスの専門知識と革新的なアプローチの利点 

  • 標準の化学物質、取り扱いが困難な化学物質、そしてナノマテリアルを含む危険物質などの全世界で認められた基準に則した 40 年以上もの吸入毒性研究経験。
  • 吸入毒性学研究の成功を最適化する、研究デザインと供給メカニズムの両方に革新をもたらす定評。
  • 吸入科学毒性学専門家が率いる、エアロゾル技術者や動物専門技術者、エンジニア、病理学者などで編成される吸入毒性学の専任チーム。

 

お客様のニーズ

ユニークで複雑な課題を伴う可能性のある吸入毒性試験

毒性試験の計画と管理は難題とも言えますが、吸入毒性試験の課題と複雑さは独特です。化学物質に合わせて試験を調整し、生理化学的特性や必要とされる規制エンドポイントに合わせて最適化する必要があります。試験の整合性を確保するため、標準的な試験のアプローチを見直さなければならないことがあります。これはつまり、信頼できるチームと協力し、貴社と化学物質にとって適切な方法で吸入毒性試験をデザインし、管理する必要があるということです。


コーヴァンスのサービス

広範な専門知識を備えた吸入毒性学チーム

コーヴァンスの吸入毒性学チームは、多様な経歴を持つ多数の専門家で構成され、吸入毒性試験の計画と実施において広範な経験を有しています。チームには、エンジニア、エアゾル技術者、動物倫理専門家、獣医、化学物質分析専門家、病理学者、吸入科学の毒性学専門家が含まれます。

定評のある吸入試験を実施して確かな結果を生み出す

コーヴァンスは、以下のような一般的な吸入毒性試験の経験を有しています。

  • 急性から発がん性まで
  • 麻酔効力を評価するための心毒性
  • 具体的なアプローチによる研究および 1 日あたり最大 24 時間投与した場合の研究
  • 胎児から二世代生殖研究まで

イノベーションで貴社固有の課題に対応し、結果を最適化

時には標準的なアプローチが通用しないこともあります。そのような場合に、当社の革新的な吸入毒性学の考え方が、貴社特有の課題に合わせてソリューションを考案するために役立ちます。一般的ではないエンドポイントに対応したり、標準以外の動物種を使用したりすることがそれに当たります。または、データ品質を最適化するために吸入供給機器をカスタマイズすることもそうかもしれません。これは、カスタム仕様の吸入チャンバーを作成したり、3D 印刷でフェイスマスクを作成しても達成できるでしょうせん。貴社のパートナーとして、コーヴァンスは標準的試験のアプローチにイノベーションをもたらして強化し、貴社の化学物質用に最適化します。

最先端の分析技術と施設を駆使し、高品質のデータを生成

分析サイエンティストと協力し、吸入毒性学チームは適切な時間内に高品質のデータを生成します。分析アプローチには、GC、IR、UPLC、HPLC 分析、そして化合物特有の分析が含まれます。

一般的および非一般的な広範な種に対応する高い倫理基準

コーヴァンスは、In vivo 作業のなかでも、特に広範な一般的および非一般的な種が必要とされる吸入試験において高い倫理基準を維持しています。動物技術者や獣医から成る専門家チームが In vivo 試験を実施し、最高レベルの動物ケアに努めています。以下の種で吸入試験を実施できます。

  • マウス
  • ウサギ
  • イヌ
  • ミニブタ
  • ピグミーゴート
  • ウシ