農作物 & 植物保護試験

規制ガイドラインに従いながら R&D 農作物と植物保護を推進 除草剤、殺虫剤、殺かび剤など、現代の農作物保護技術は作物の収穫高を世界的に増やすことはできますが、異なる薬剤製品を重ねて使うことにより、安全性試験や効能試験の結果は曖昧になります。農薬試験や世界的な規制による複雑さに対処できるよう支援する、非臨床のリーダーや施設と提携することが推奨されます。 

農作物 & 植物研究の概要

  • 実地試験

  • 環境動態

  • 陸生生態毒性学

  • 水生毒性学

  • 環境 & 植物代謝

  • 製品化学 & 生物分析 

  • モデリング & In Silico

農作物 & 植物に対する規制コンサルティング

農作物と植物の万全なポートフォリオを作成するには、科学に関する豊富な知識、農作物および植物の環境規制における経験、試験のための拡張可能なラボ機能が求められます。 

規制対策におけるグローバルパートナーが、複雑化する農薬、殺虫剤、規制機関のプロセスに対応できるよう支援します。 

  • FDA / TSCA / EPA / EDSP

  • ECHA / REACH / OCED

  • CFDA / JMAFF

  • 世界レベルでの登録

環境動態 & 実地試験

世界中のお客様のために、コーヴァンスも全世界に展開しています。当社はヨーロッパ、南北アメリカ、オーストラリア、イスラエル、アフリカにおいて GLP 実地試験を行っています。 

多様なサービス内容と屋外作業での独自の課題を視野に入れ、多分野の専門知識を有する当社のチームは不測の事態にも対応します。

環境動態

  • 土壌代謝(好気性、嫌気性、水田)
  • 水 / 底質代謝(好気性、嫌気性、照射)
  • 地表水中の好気性無機化
  • 土壌の消失、蓄積、浸出
  • 加水分解
  • 土壌および水中の光分解
  • 吸着 / 脱着およびカラム浸出
  • 環境モデリング
  • 代謝物同定

実地試験

  • RAC 治験
  • 加工商品試験
  • 土壌消失 / 蓄積研究
  • 除去可能葉面残留試験
  • オペレーターの暴露
  • フィールドの環境動態​​​​​​​
  • フィールド環境毒性学
陸生生態毒性学 & 水生毒性学

陸生生物および鳥類の健康維持は、農作物と植物試験にとって重要な要素です。当社は、環境に対する貴社の姿勢を自らの問題としてとらえると同時に、お客様の製品にとって最も信頼できる情報を解明するのは環境毒性研究であり、それを徹底したいというお客様のニーズをよく理解しています。

陸生生態毒性学

  • 過去 6 年間で 1000 以上の陸生生態研究を実施
  • 鳥類専用の孵化室および孵化場を完備
  • ミミズ
  • ハチ
  • 非標的植物
  • 益虫
  • ラボ、拡張ラボ、半フィールド、フィールド
  • 鳥類の急性および亜急性経口毒性
  • 鳥類の繁殖
  • 土壌中の窒素および炭素の変化
  • ごみ袋

大型動物研究および鳥類研究

  • 残留物研究における家畜の代謝および性質
  • 家畜の飼料の研究(残留物移行研究)
  • 鳥類の急性および亜急性経口毒性
  • 鳥類の繁殖

水生環境毒性学

  • 過去 6年間で 800 以上の水生生態研究を実施
  • 32 フィートのマイクロコズムと 60 以上の溝ユニットを有する水生毒性学のための屋内および屋外施設

水生毒性学

  • 急性
  • 慢性
  • 高レベル
  • マイクロコズム
  • FISH 生物濃縮

生物分解

  • 下水汚泥に対する毒性
  • 易生分解性および改良された分解性
  • 固有の生分解性
  • 嫌気性生物分解
  • 海洋分解性
  • シミュレーション試験
関連研究:遺伝毒性学、製品化学、DART など

フルサービスの開発業務受託機関として、コーヴァンスは農作物や化学物質試験にも利用可能な何百もの非臨床試験を提供しています。 

化学製品 & 農作物試験のページでは、In vitro 安全性 & 代謝、遺伝毒性、DART、吸入毒性、製品化学、代謝、モデリングに関するその他の試験についてご案内しています。