生態毒性学

農作物保護

生態系は複雑で相互依存の環境であるために、農作物保護製品の潜在的な生態毒性の評価は困難になりがちです。生態毒性研究の成功には、数十年もかけてあらゆる環境安全性評価から蓄積された、農作物保護製品の洞察を活用した統合型の科学的アプローチが不可欠です。当社の科学また規制面での専門知識は、階層型の試験計画の作成を可能にし、お客様の生態毒性評価への投資を合理化および最適化します。コーヴァンスはお客様のパートナーとして、規制当局に対応した堅実な生態毒性学のデータセットをともに構築し、お客様の農作物保護製品の環境安全性に関する主張を裏付けることができます。  当社の包括的な生態毒性試験群は淡水、海洋および陸生種を網羅しています。

生態毒性学
  • 毎年 200 件以上の研究を行う専任の生態毒性学チーム
  • 水生種または陸生種の生態毒性に関するニーズに対応したコーヴァンスの専用施設のメリット
  • 高い水準の品質、効率、そしてコスト効率を重視しながら、あらゆるタイプの生態毒性研究を国際的ガイドラインに沿ってデザイン・実施してきた豊富な経験を持つベテランのサイエンティスト チーム

お客様のニーズ

農作物保護製品の生態毒性エンドポイントを決定するベストな方法

農作物保護製品の生態毒性は今、規制当局、お客様、そして消費者からのかつてないほど厳しい視線にさらされています。製品の有効成分が環境安全基準を満たしているか、その保証を全員が求めています。つまり、水性生物、鳥類、陸生生物に対しての安全性の証明が不可欠ということです。これを達成するため、国際的な基準を満たして高品質な生態毒性研究を実施するにあたり、豊富な専門知識を備えた信頼できるパートナーが必要です。規制の基準がそれぞれの地域で異なり、しかも常に進化し続けているため、パートナーは全世界の関連する規制にいつも足並みを揃えていなければなりません。


コーヴァンスのサービス

データに基づいた洞察、実用的な経験、専任のチームおよび規制面の専門知識

コーヴァンスの生態毒性エキスパートは、研究プログラムのデザインに際して、国際的な生態毒性の規制要件に照らしたアドバイスを提供します。1 件の研究であれ、広範囲の生態毒性プログラムであれ、当社はお客さまのニーズに合わせてソリューションとチームを構築します。

当社の農作物保護製品向け生態毒性関連サービスの詳細は以下をご覧ください。