動物代謝

農作物保護

農作物保護製品は農作物に残留したり、それを飼料として食べた動物を介して人間の食物連鎖に入り込む可能性があります。動物の代謝を理解することは、農作物保護製品がもたらす潜在的なリスクを予測し、安全な許容残留量(MRL)を設定するうえで非常に重要です。

animal-Met-Image
  • コーヴァンスでは専門家チームを編成し、お客様の特定の動物について代謝のニーズにお応えします。つまり、分析化学、環境モデリング、代謝物同定、動物衛生、規制に関する洞察と専門知識を組み合わせて試験あるいは一連の試験プログラムをデザインし、確実なデータと正当性のある科学的根拠を導き出す必要があります。 
  • 柔軟な施設と専任のチームが高品質な研究を予定通りに実施
  • 高い動物倫理、科学、GLP 基準に基づいてデザインおよび実施される動物代謝研究 

お客様のニーズ

農作物保護製品の代謝を明確に示すには

除草剤、防かび剤、殺虫剤が人や動物、環境に及ぼすリスクは、消費者や規制当局にとって重大な問題です。それに対処して規制のエンドポイントを満たすためには、農作物保護製品とその代謝物が最終的にどこに行き着くのかを、疑いようのないエビデンスと強力な毒性データで説明しなければなりません。では一体、どのような試験が有効成分にとってふさわしいのでしょうか?なかには後期に実施する試験もありますが、その場合、最終的な提出物にはどう影響するのでしょうか?それらの試験はリスク評価にどう盛り込めばよいのでしょう? 


コーヴァンスのサービス

動物代謝のエキスパート

コーヴァンスは、絶えず変わる規制環境のなかで長年かけて培ってきた、代謝試験のデザイン・実施に関する卓越した洞察と専門知識を持ち合わせています。当社のサービスを以下にご案内します。