実験動物の代謝

農作物生産

動物モデルでの代謝研究(トキシコキネティクス)を実施することで、農作物保護製品の吸収、分散、代謝、排出(ADME)を明確化することができます。動物代謝研究のデータは、農作物保護製品がもたらす人体への危険やリスクの評価に欠かせません。

顕微鏡を使うアジア人サイエンティスト
  • コーヴァンスには、広範な農作物保護製品について標準およびカスタムの代謝研究を実施してきた長年の実績があります。
  • 長年にわたり農作物保護製品および試験業界に従事して培われた科学的知見と実用的な専門知識を備えた、実績ある代謝研究のサイエンティストチーム
  • 広範な被検体に対応できる柔軟な施設と高い動物倫理基準 

お客様のニーズ

動物代謝研究の最適なオプティマイゼーション方法

実験動物を使った代謝研究はたいてい複雑ではありませんが、いくつか注意すべき点があります。適している検体は何か、複数必要か?投与量はどのくらいか、頻度とその経路はどうするかといったことです。


コーヴァンスのサービス

標準および特殊な研究(吸入 ADME など)

標準的な OECD 417:トキシコキネティクス研究と同じく、コーヴァンスにはカスタム研究をデザインし、実施する専門知識があります。たとえば、研究は次のようにカスタマイズできます。

  • 検体:ラット、マウス、ウサギ、イヌ、サル、ミニブタ
  • 投与方法:経口、経皮、IV、吸入による1回または複数回の投与など
  • ラットおよびイヌの胆汁中排せつを調べる胆管や十二指腸のカニューレ、初回通過の肝代謝を検査するポータル動脈 / 血管のカニューレなどのサンプル回収

幅広いトキシコキネティクス分析

コーヴァンスは、次のような広範にわたるトキシコキネティクス分析を行います。

  • 排出/収支
  • 薬物動態
  • 定量的全身オートラジオグラフィー(QWBA)などの組織分布
  • 胆汁中排出
  • 代謝物プロファイリングおよび同定

動物倫理基準を高めるイノベーション

コーヴァンスは、最高水準の動物倫理が守られるよう努力を惜しみません。また、NC3R や他の CRO とも連携して、動物倫理をさらに高め、検体数を減らすために胆管カニューレ(BDC)モデルを微調整すると同時に、科学へのひたむきな姿勢をもって堅実なモデルを確実に維持しています。