経皮吸収

農作物保護

農作物保護製品との暴露の経路は様々で、経口摂取、吸入、また皮膚からの経皮吸収があります。経皮吸収は農作業従事者や通行人にとって可能性のある暴露の経路であり、調査の必要があります。経皮吸収研究には 2 つのタイプがあり、in vitro 研究は切除されたヒトあるいは動物の皮膚に対して行なうもので、もう一つは in vivo 研究です。詳細な要件は、農作物保護製品の規制当局によって異なります。したがって、個別対応のアプローチが必要になることもめずらしくありません。  このような研究から得られたデータは、作業者の暴露のリスク評価にとって有益な情報です。また、農作物保護製品の安全性に関する情報に欠かせない要素でもあります。

経皮吸収 - 画像
  • コーヴァンスでは専門家チームを編成し、お客様の特定の動物について代謝のニーズにお応えします。具体的には分析化学、環境モデリング、代謝物同定、動物の健康状態、また規制などの洞察や専門知識を総合して研究や研究プログラムをデザインし、確実なデータや正当性のある科学的根拠を提供します。
  • 柔軟な施設と専任のチームが高品質な研究を予定通りに実施
  • 高い動物倫理、科学、GLP 基準に基づいてデザインおよび実施される動物代謝研究 

お客様のニーズ

効率的な計画およびパフォーマンスが必要な後期段階の重要な研究

経皮吸収研究はその多くが農作物保護製品開発の後期段階で実施され、厳しい締切りを伴います。そのため、高品質のデータをタイムリーに用意できるパートナーが必要です。


コーヴァンスのサービス

農作物保護製品のための高品質な経皮吸収研究

コーヴァンスは経皮吸収試験における経験が豊富で、様々なタイプの製剤を使用した研究を実施してきました。当社のチームは、揮発性がある農作物保護製品向けに実験的なデザインにも対応でき、物質収支を確実に達成することが可能です。

成果は、ヒトの皮膚で実施するヒト In vitro 研究から取得できます。この皮膚は、完全な倫理承認と情報に基づく患者様の意思決定を経て、承認を受けた供給元から入手します。ヒトの経皮吸収を予測するために、ラットにおける In vitro および in vivo 研究も実施することができます(トリプルパック アプローチ)。

当社は、放射性標識試験材(フロースルー細胞を使用)を使った試験を実施する能力も備えています。または、非放射線標識試験材(通常は停止細胞 - Franz)を使って実施することも可能です。

コーヴァンスは各地域の規制要件を順守しながら、以下の研究を実施することができます:

  • OECD 427:皮膚吸収:In vivo 法
  • OECD 428:皮膚吸収:In vitro 法
  • OPPTS 870.7600:皮膚透過