環境動態

農作物保護

「環境動態」は、化学物質や植物保護製品(PPP)が使用されて環境に放出された後にどうなるのか説明するもの。生態系の複雑さを考えると、化学物質に考えられる環境動態は予測が困難です。規制ガイドラインでは、ラボで行う標準的なスクリーニング試験についてまとめられているほか、どのような懸念が明らかになった場合に上位ティア試験を実施しなければならないのかが説明されています。

新鮮なチェリートマトを流水で洗っている場面
  • 分析化学、環境モデリング、および代謝物同定における専門知識を規制の知見と専門知識と組み合わせて、研究プログラムを確実にお客様のニーズに適ったものにします。
  • 広範囲に及ぶ柔軟な施設と専任のチームが、高品質で効率のよい環境動態研究をお約束します。 
  • 環境動態評価が、国際的に認められた基準で実施できます。

お客様のニーズ

簡単な生物分解から高度なレベルの評価まで、環境動態にはさまざまなエビデンスが必要となる場合があります。

環境動態試験では、溜まり水、堆積物、土壌などの複数の水性環境と陸生環境の広範な評価を行います。これらの研究は、水媒体の生物分解を検査する簡単なラボスクリーニング試験から、長期にわたるシミュレーション試験まで複雑さと範囲は多岐にわたります。科学的に正当な方法で、重要な規制の質問に答える効率的な研究プログラムを構築する必要があります。


 

コーヴァンスのサービス

優れた環境動態評価を提供

コーヴァンスには、変わりゆく規制環境に長年従事して得た、環境動態試験の設計と実行に優れた知見と専門知識があります。問題解決の文化と協働的なアプローチで、お客様に高い品質とストレスのない経験を保証。当社はお客様のニーズを理解して、研究の初めから最終報告書の制作に至るまで支援します。国際的に認知された環境動態研究を行う、柔軟な施設と専門知識のメリットをご活用ください。

  • OECD 301:易生分解性
  • OECD 307:土壌中の好気的および嫌気的形態変化
  • OECD 308:水堆積物中の好気的および嫌気的形態変化
  • OECD 309:表層水中の好気的無機化 - 模擬生分解テスト