残留農薬分析サービス(RAS)

農作物保護

果物と野菜における PPP 残留農薬分析は、動物や人間の健康を守るうえで非常に重要です。親化合物や分解産物、代謝物の固有性、特性、毒性を知ることで、規制当局は作業者の暴露を最小限に抑えるための MRL およびガイダンスを定めることができます。 

植物の葉が病気にかかっていないか調べる女性バイオテクノロジーエンジニア
  • 信頼性と効率に優れた 24 時間体制での被験物質の定量を通じて、数多くの多岐にわたる化合物の残留分析を毎年実施し、年間 20,000 以上ものサンプルを処理
  • 試験法開発、GLP 方式の検証、被験物質の定量に広範な専門知識を有し、現行および新しい規制要件に対応可能
  • すべてが揃った施設、高スペックの設備で信頼性の高い確実なデータを用意 

お客様のニーズ

規制要件とスケジュールに合わせた残留農薬の識別および特性評価

数多くの異なる規制対応評価で、PPP に対して残留農薬分析が義務付けられています。その対象は農作物に含まれる残留農薬の特定から、製品を使う作業者へのリスク評価にまで及びます。その結果、広範にわたる試験すべてにおいて、コンプライアンスやタイミング、コスト効率を考えて堅実な方法で高品質のデータを生成する必要があります。正しい洞察とノウハウがなければ、効率よく戦略的な方法でそれを成し遂げるのは簡単ではありません。残留農薬分析試験は、PPP の規制対応プロセスの最後に実施されることが多いため、スケジュール的にも厳しいことから、信頼性の高いデータがただちに必要となります。


コーヴァンスのサービス

残留農薬分析試験のあらゆる要件にコスト効率よく迅速に対応

当社はお客様のパートナーとして、全世界の規制当局が求める残留農薬分析試験のあらゆるデータを用意いたします。残留農薬分析で豊富な経験のあるさまざまな部門の専門家で構成されるチームが、1 件の試験からワークパッケージ一式まで、全力を尽くして必要な成果をお届けします。残留農薬分析サービスでは以下を扱っています。

  • 農作物残留農薬試験
  • 農作物加工試験
  • 農地の土壌消失試験
  • 土壌集積試験
  • 環境動態サポート
  • 生態毒性学サポート
  • 植物代謝サポート
  • 作業者の暴露試験

施設とスタッフ配置は、迅速な処理を行えるようデザインされています。新しい試験法開発プロジェクトの多くは 5 日以内に完了します。

すべてが揃った施設に経験豊富な専任の残留農薬分析チームが常駐

当社施設の概要は以下のとおりです。

  • 専用のサンプル受入れ・調製エリア( サンプル調製能力と速度の最適化にも対応)
  • サンプルの抽出とクリーンアップ専用施設
  • サンプル調製の移動分析サポート(作業者暴露試験)
  • -20°C の大型保管施設

お客様固有のニーズに合わせた分析方法の最新化とイノベーション

複雑でない PPP で使用される標準的な手法に加えて、当社のチームは有効成分と代謝物向けの新しい分析手法を定期的に開発しています。つまり、幅広い分析の経験を活かして、既存の分析方法を変更するとともに、最新の分析手法も活用しているのです。イノベーションの例として以下が挙げられます。

  • 新しい抽出手順の考案
  • 使用可能な基質が限られる物質(花粉など)のための小規模な抽出方法
  • コスト効率を高める「縮小対応」の機器と試薬
  • QuEChERS 法および他の新しい手法の活用

手法の検証が欠かせないことは明らかです。他のラボの新しい手法や当社の試験施設間すべてを対象に、手法を独立したラボで検証するための施設がコーヴァンスにはあります。

高スペックの設備を活用して、信頼性に優れた確実な残留農薬分析データを提供

当社はさまざまな仕様の複数の機器を完備しているため、分析の質を下げることなく 24 時間体制でサンプルを処理する能力を調整することができます。これにより、サンプルの処理能力を最適化し、毎年 >20,000 以上のサンプルを定量化して結果をタイムリーにお届けします。当社は、有効成分と代謝物を定量化するための分析装置を幅広く取り揃えており、精度と信頼性は GLP の基準を満たしています。