物理化学

農作物保護

物質の物理化学的特性を知ることは、農作物保護製品の開発を成功させるための基盤となります。つまり、基礎的な溶解点、密度計測、引火点や可燃性などの危険な特性といった基本的な製品化学試験から、水溶性、分配係数やバッチ解析をはじめとするより複雑な技術的パラメータまで、活性成分と最終製剤の両方の物理化学的な特性を評価する必要があります。保存安定性は、農作物保護製品に重要なもう 1 つの要因で、製剤の安定性を加速化、長期化させるにあたってデータが必要です。

物理化学的な特性化は単純に見えるかもしれませんが、扱いにくい物質の場合は実施が難しくなりがちです。コーヴァンスには広範に渡る農薬、バイオ農薬、殺生物剤に関する経験があり、水溶性の低い物質や高発揮性の物質、発色性のない物質、複数の構成成分からなる物質や不純物がかなり混じっている物質など、扱いの難しい物質を定期的に検査しています。

規制の観点から、その検証範囲内でふさわしい方法を使って生成された実際の実験データは不可欠です。これには、科学的洞察力と GLP 基準への実験的な厳密さが求められます。柔軟な能力と高度な機器を兼ね備えることで、検査をタイムリーに行い、高い精度と再現性を可能にします。

製品の化学的特性

お客様の独自のニーズに応えるため、コーヴァンスの非常に経験豊富なチームがお手伝いいたします。以下の農産物保護製品に関する製品化学分野において、当社の専門知識とサービスをご利用いただけます。