殺生物剤

バイオサイド​​​​​​​(殺生物剤)は、化学や生物学に基づいた方法で有害または望ましくない生物を駆除します。バイオサイドに関する特定の用語や定義は、世界各地でさまざまに異なります。たとえば、米国ではバイオサイドは抗菌性の殺虫剤として知られています。また、バイオサイドという言葉は、有効成分およびその成分を含む特定の製品の両方を指すことがあります。バイオサイド製品の例として、消毒剤、木材防腐剤、害虫駆除製品が挙げられます。

欧州および欧州経済地域では、主にバイオサイド製品規制(BPR:Biocidal Product Regulation)を通じて ECHA がバイオサイドを規制していますが、特定の状況では他の規制が適用されることもあります。米国では、殺虫剤と同様に EPA が殺虫剤・殺菌剤・殺鼠剤法(FIFRA:Federal Insecticide, Fungicide, and Rodenticide Act)のもとでバイオサイドを規制しています。世界の他の国でも独自に固有の枠組みを持っています。たとえば、韓国は EU-BPR に非常に近い枠組みの K-BPR を採用しています。 

コーヴァンスは、規制対策を通じてバイオサイドの有効成分および製品を積極的に管理することの重要性を理解しています。整理されたコスト効率のよい方法で、タイミングよくすべての市場でのアクセスを最適化することは、極めて重要です。

 

殺生物剤

コーヴァンスをパートナーとして迎えれば、お客様固有の要件に合わせたソリューションが利用できます。専任のバイオサイドチームは当社のより広範な規制対策グループに所属し、コーヴァンスは多岐にわたる深い洞察および実用的な経験を活かしてお客様をサポートすることができます。当社の規制​​​​​​​担当サイエンティスト​​​​​​​は、複雑な EU/EEA 規制環境で培ったそれぞれの専門知識を活かし、貴社のバイオサイドの規制対策を成功に導きます。

欧州でのバイオサイド規制サービスの詳細は、下のリンクをクリックしてください。