遺伝毒性学

農作物保護

消費者は、食品に残留しているものを直接摂取することや、間接的に晒されることで、農作物保護製品が癌を引き起こすのではないかと懸念しています。テスト戦略と報告要件はさまざまですが、規制当局は世界中で農作物保護製品に特有の遺伝毒性学的なエンドポイントに関するデータを要求しています。コーヴァンスでは、規制当局を満足させ、消費者の信頼を獲得し、市場成長をサポートするためにお客様の物質の遺伝毒性を特性化することの重要性を理解しています。遺伝毒性学的試験全域の充実した戦略的サポートから、物質に関するシンプルな支援まで対応します。 

Genetic_Tox
  • 戦略的な科学的および規制面の洞察による遺伝毒性学研究プログラムの最適化
  • コンセプトからデータ報告、規制関連提出書類まで、農作物保護製品の遺伝毒性学研究のあらゆる側面を管理
  • 最先端の設備と高い動物倫理規定で毎回の試験結果の確実性と信頼性を保証

 

お客様のニーズ

規制当局が必要とする遺伝毒性学データの取得方法 

農作物保護製品の潜在的遺伝毒性は、物質の基本的な物理化学特性によって引き起こされるものであり、そこが試験アプローチを計画する出発点となります。しかしながら、その他にも多くの考慮事項があります。評価項目と具体的な研究の面で、それぞれの規制当局は何を見ようとしているのでしょうか?こうした遺伝毒性学的評価項目のデータは、どのようにすれば高い時間対効果と費用対効果で収集できるのでしょうか?ある領域から取得したデータは、別の領域でも活用できるものでしょうか? 

 


コーヴァンスのサービス

貴社とその化学物質、規制当局まで考慮した最適な試験プログラムをデザイン

コーヴァンスは、その規模を問わず、お客様のニーズに合わせて遺伝毒性学ソリューションを設計できます。当社では、全面的なプログラム設計からシンプルな単一アッセイの実施まで、すべて支援いたします。当社専任のサイエンティストチームは、高品質のデータを生み出す遺伝毒性学研究の設計と実行における実績があります。科学的および規制面の洞察を組み合わせた連結アプローチを採用することで、規制要件を満たすように確信をもってデータを構築できます。 

お客様のニーズに合った高品質の遺伝毒性学試験

コーヴァンスは、In vitro および In vivo の遺伝毒性学アッセイのスイートを包括的に実行します。

In vitro アッセイ:

  • OECD 試験番号 471:細菌復帰突然変異試験(エームス試験) 
  • OECD 試験番号 473:In vitro 哺乳類染色体異常試験(ヒトリンパ球と CHL 細胞) 
  • OECD 試験番号 487:In vitro 小核試験(ヒトリンパ球、L5178Y 細胞、TK6 細胞) 
  • OECD 試験番号 490:In vitro 哺乳類細胞遺伝子突然変異試験 MLA(L5178Y 細胞)
  • OECD 試験番号 476:In vitro 哺乳類細胞遺伝子突然変異試験 - HPRT(CHO 細胞と  V79 細胞) 

In vivo アッセイ:

  • OECD 試験番号 474:げっ歯類骨髄小核試験 
  • OECD 試験番号 489:げっ歯類コメットアッセイ