上海拠点

当社の上海チームは前臨床の医薬品開発を専門に扱っており、様々な研究と分子タイプを提供すると同時に、柔軟で迅速な研究のスタートを可能にします。バイオロジックスから免疫毒性学、免疫、IND 対応まで、当社のグローバルなデータアプローチは確かなデリバリーを保証します。

最近の投資および拡張

以下の機能強化を実現しました。

  • 迅速で柔軟な研究のスタートのために大型動物収容能力を 2 倍に拡大
  • EU 基準に準拠した飼育オプション
  • バイオロジックス向けのフルサービス IND 対応パッケージ
  • 新しい免疫毒性学、また免疫と細胞培養のラボ
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、炎症性腸疾患(IBD)、異種移植、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、肝炎、線維症の疾患モデル試験
  • 科学および規制の専門知識を組み合わせて、米国と中国での同時申請や巨大分子 IND 対応研究が可能に
 
コーヴァンスの施設

総面積:85,000 平方フィート +

試験室数:45 室+

PhD 取得者数:5 名+

総従業員数:140 名+


施設統計

サービス

専門知識

  • 前臨床および臨床医薬品開発

資格

  • AAALAC 認定
  • 「実験動物のケアと使用に関する指針(Guide to the Care and Use of Laboratory Animals)」、第 8 版に準拠した動物飼育施設
  • 経済協力開発機構(OECD)および中国の国家薬品監督管理局(NMPA)のグッド ラボラトリー プラクティス(GLP)認定取得。米国 FDA 検査済み。

投与経路

  • 経皮
  • 静脈内点滴
  • 経口:カプセル、強制
  • 非経口(筋肉注射、皮下注射、静脈注射)

上海研究開発センター

上海研究開発センターは、バイオ分析と治験、そして臨床開発事業を一箇所の便利なロケーションに集約させています。この経験豊かなチームは、中国の規制や医薬品開発のベストプラクティスについて 20 年以上の経験を有しています。 

2x1-Aland-Center