吸入毒性学:投与経路

薬剤投与の最も一般的なタイプは経口ですが、注射やその他の侵襲的な投与方法よりも、可能であれば吸入を望むという患者様が数多くいます。喘息や慢性閉塞性肺疾患 (COPD)、嚢胞性線維症 (CF) などの呼吸器疾患が一般的になりつつあるなか、吸入薬や化学物質の安全性と潜在的毒性を調べる吸入毒性試験が重要性を増しています。

吸入を行う年配の女性

吸入ルートを検討すべき理由

  • 患者様にとって使いやすい = 普及率とアドヒアランスが向上。 吸入薬は、注射やその他の侵襲的投与方法よりも好まれています。 
  • 薬剤の吸収が早い - 肺の透過膜が、体内への迅速な投与と代謝を可能にし、急な症状が抑えられます。 
  • 医療システムのコストを削減 - 手持ち式および定量型の吸入器は標準的な医療技術で、スタッフも在宅の患者様も扱いに慣れています。そのため、使用上の障壁が低く、医療システムにおいても低コストです。 
  • 新世代の吸入器と技術 -  現在では第 3 世代デバイスにエンジニアリング製品が含まれるようになり、より少ない用量で効果が得られる可能性があるほか、副作用も抑えられます。 
  • デバイスの技術的進歩 - 新しいデバイスでは、電子フィードバック、用量モニタリング、静電帯電、特殊ナノキャリア、湿度 / 温度補正済みデリバリーなど、目覚ましい成果がもたらされています。  
  • 特許によってデバイスの寿命が延びる可能性 -  、医薬品の特許が切れた後でも、デバイスの特許によるメリットが考えられます。 
吸入試験を始める前に確認すべき重要事項

吸入試験をデザインする前に確認すべき重要事項


コーヴァンスの吸入器関連サービスとは

より少ない試験材 = コスト削減効果大

試験材の製造には多額のコストがかかります。当社では、エアフローによる損失を最小限に抑えるために毒性学的デリバリーシステムを小規模化しています。また、3D フェイスマスクセットをデザインして漏れを防止し、被験物のバイオアベイラビリティを強化する技術を開発して用量の低減を図っています。  

統合型・コンビネーション製品開発の経験

総合サービスを提供する CRO のコーヴァンスでは、呼吸器有効性薬理学モデル呼吸器領域の治験、薬剤 / デバイスコンビネーション製品のための医療機器開発チームをご用意しています。また、経験豊富なマーケットアクセスチームが、薬剤 / デバイスコンビネーション製品の複雑な価格戦略を分かりやすくご説明します。  

専任のサポートチーム

コーヴァンスは、吸入専用施設や自社エアゾル化エンジニアリングのノウハウに加え、世界でその名を知られた科学スタッフと専任の吸入試験責任者が年間 150 件以上の試験を監督しています。お客様とその化合物をしっかりサポートする体制は万全です。当社の吸入担当サイエンティストをご紹介: 


吸入 & 呼吸器ケーススタディ

前臨床暴露研究における医療機器の使用

28 日間のげっ歯類研究で被験物質の量を削減

霊長類を用いた吸入毒性試験の開発