一般毒性学研究

迅速かつ効率的に見識を得ることで、最も見込みのある薬剤候補を次の段階に進めることができます。

お問い合わせ

大規模かつ経験豊富な GLP 毒性学専門家チーム

適時のレポーティングでタイムラインをクリア

定評ある品質

GLP 毒性試験のスピードと品質にかけては決して妥協を許しません。

大切なのは、徹底したデータ評価と簡潔なレポートをできるだけ短時間に行うことです。世界最大で多様な GLP 毒性を扱う企業として、当社はいかなる規模のプロジェクトでも高い厳密性とともに効率的に行います。実際に、トップ 20 の製薬企業と提携する一方で、当社の事業の 50% 以上が、バイオテクノロジー会社や新興の製薬企業との共同研究のかたちで行われています。

経験豊かで便利な集団がお客様のチームの延長として機能

当社が抱える 1,000 名以上の熱心な専門家と試験責任者は、そのほとんどが 10 年以上の経験を有し、業界でも最も幅広く優れた専門家派遣体制を誇ります。7 つの試験センターの現場にいる必要があるときも、StudyTracker™ のほぼリアルタイムのデータが必要な場合でも、お客様のチームの延長として、いつでもご利用いただけます。

革新から生まれる毒性関連 GLP の結果

お客様の動物倫理方針に従い、それを超えるようにします。当社は、動物倫理の 3 つの R を全面的に受け容れ、進歩的な情操活動をグローバルに展開しています。堅固な床のケージ、改良型ソーシャルハウジングやヨーロッパ型の代替物まで、ハウジングの革新的なデザインから、狩猟採集やストレス解消の環境を実現する情操活動まで、当社の情操活動は、強化内容が目に見えるかたちでお客様の研究結果に反映されます。

一般毒性学のニーズすべてに対応する大規模で多様なチーム

GLP 準拠の毒性試験、点滴などの特殊薬剤投与ルート、あるいは眼球関連開発サービスをお求めですか。また、非ヒト霊長類子供神経毒性モデルを使った特殊な安全性評価を必要とされていますか。当社チームが経験豊富で熟練したパートナーとしてお手伝いします。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ