若年性毒性学研究

昨今の法規制により、小児科の安全性評価が単なる実施基準から法律へと変化しました。しかし、青少年研究モデルにおける研究は、指標の明確な理解のほか、適正な種の選択と管理といった、多数の新しい課題をもたらしています。
 
当社ではお客様が研究を開始する前に、最も適正な経路デザインを行えるよう戦略的見識を提供しています。また当社には、複雑なロジスティックスを要する試験の実施に関する経験があります。当社はお客様のパートナーとして、必要な安全性を保証するうえで最も低コストかつ社会的に責任ある方法の決定をサポートします。

カラフルな試験管を使って若年性毒性学研究に取り組むコーヴァンスのサイエンティスト 。