In vitro & In vivo 循環器安全性評価

エンドツーエンドの包括的な循環器(CV)安全性試験で、リード候補のプロセスを迅速に進めましょう。コーヴァンスは、創薬から規制当局への書類提出にいたるまで、独立型または統合型の安全性評価プログラムにおける開発やリスクの回避、実施についてお客様と連携し、より迅速で優れた意思決定を可能にします。

パッチクランプ電気生理学的検査

FDA の CiPA プロトコルに対応可能

GLP に準拠した試験

Clyde ロゴ

In vivo 循環器評価技術および分析

心血管安全性はお客様の開発努力において最も一般的な障害です。お客様の目指す CV エンドポイントの達成を支援するため、当社は独立型、またはお客様の毒性学研究の一部として統合されるものなど、包括的で幅広い技術オプションをご用意しています:

  • Physiotel™ L シリーズのテレメトリー機器を用いた GLP CV 評価
  • 毒性学研究に関する循環器データの取得:
    • 低侵襲 Physiotel™ M シリーズ技術によるジャケットフリー ECG および血行動態データ収集
    • 血圧測定機能付き(JET-BP)体外ジャケット式テレメトリー(JET™)
  • Non-GLP 研究 CV 評価
    • げっ歯類 PhysioTel™ HD シリーズテレメトリー
    • L シリーズ機器を用いた非げっ歯類テレメトリー
    • げっ歯類 / 非げっ歯類の心臓超音波検査

コーヴァンスで生成されたすべてのテレメーター測定 ECG データは、ECG 分析チームにより自動ソフトウェアで一元的に処理されます。科学者で構成されるこの専任グループは、お客様の ECG データについて一貫性のある質の高い分析を提供するとともに、数十年もの実績に基づく経験から不整脈や異常波形形態のデータを解釈します。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ