創薬サポート

心臓血管、非心臓血管両方の標的薬物に関する易罹病性に、これまでになく早く対処することができます。プログラムの「フロントローディング」で、薬剤候補を選定する前に、心臓血管およぴ発作易罹病性の安全性エンドポイントに対処します。安全性薬理学の主要規制指導により義務づけられてはいませんが、化合物の展望に関する意思決定の一助として、早期に Non-GLP 安全性試験を行う会社が多くなってきています。この試験はリードオプティマイゼーション毒性学プログラムに組み込んだり、機構エンドポイントに統合できます。

コーヴァンスが循環器検査に使用している試験機器。
  • げっ歯類、フェレット、大きな動物の心臓血管テレメトリー
  • EEG - テレメトリー、表面電極
  • 薬理学的研究と神経毒性学研究