ICH 研究および ICH 補足試験

お問い合わせ

綿密な影響研究

依存性および発作易罹病性試験

消化器、腸、腎臓系の補足試験

ICH ガイドラインに精通したチームとの綿密な研究

ICH 研究の中で、コアバッテリー器官系の綿密な研究が必要になることがあります。分子が心臓に与える影響をより深く理解するために当社が採用している方法の一部を以下にご紹介します。

  • hERG トラフィッキングアッセイ
  • 心筋収縮力 (LVP)
  • ランゲンドルフ単離心臓モデル
  • プルキンエ線維アッセイ
  • 心臓超音波検査

また、乱用傾向や発作傾向の評価を含む、消化器系、腎臓系、中枢神経系に関する補助的研究も可能です。

お問い合わせ

お問い合わせ